close
T&Dリース 50年の歩み T&Dリースは、1966年9月に日本エルピーガスメーターリースとしてスタートしました。以来、半世紀にわたってLPガス業界の発展、そして、広がるニーズにお応えするべく歩んでまいりました。50年という私たちと業界の歴史を振り返りつつ、これからにかける想いをご紹介してまいります。scroll
T&Dリース 50年年表
  • 1960年~1979年
  • 1980年~1999年
  • 2000年~

1960

LPガス業界1963年8月
日本リース・インターナショナル株式会社設立

LPガス業界1964年3月
全国LPガス協会連合会(現全国LPガス協会の前身)設立

T&Dリース
1966年9月
「株式会社日本エルピーガスメーターリース」設立

ガスメーターの普及を目指して、LPガスメーター会社5社が連携。日本初のメーターリース専門会社が誕生。

当時、末端のLPガス販売事業者にとって、メーター取り付けには多大な投資が必要で、メーター制普及の大きな課題となっていました。
日本リース・インターナショナルは、 LPガスメーター5社(東洋ガスメーター・金門製作所・リコー時計販売・愛知時計電機・富士産業)と共同出資で、 LPガスメーター賃貸を専門に扱う代行会社を設立し、その後のメーター普及に大きく貢献しました。

初期のLPガス専用メーター イメージ
初期のLPガス専用メーター
当時の新聞記事 イメージ
当時の新聞記事拡大するPDF

LPガス業界1968年3月
「液化石油ガスの保安の確保および取引の適正化に関する法律」成立

LPガス業界1969年11月
日本エルピーガス連合会設立

1970

LPガス業界1970年8月/10月
日本エルピーガス機器工業会設立(8月)
改正ガス事業法施行で簡易ガス事業スタート(10月)

T&Dリース1971年6月
メーターの政府資金リース取扱開始

LPガス業界1973年2月
液石法改正省令施行でメーター法制化

T&Dリース
1973年2月
メーター法制化でリース制度活用による取付促進

メーター法制化により、質量販売から体積販売へスイッチ。
LPガス業界の大きな転換期に。

1967年に成立した液石法では、ガスメーターの普及促進が付帯決議されました。当時からメーター制による経営合理化効果は認識されていたものの、なかなか普及は進んでいませんでした。
その後、消費者団体からもメーター販売に対する要望が出されるなどして、ようやく1973年2月の改正省令で法制化が実現しました。質量販売から体積販売となり、 LPガス業界にとって大きな転機となりました。

当時の会社案内・リース割賦のご案内 イメージ
(左)当時の会社案内
(右)リース割賦のご案内

LPガス業界1973年12月
オイルショック対策で家庭用LPガス小売価格が10キログラム1300円に

T&Dリース1976年4月
液化石油ガス漏れ警報器の政府資金リース取扱開始

LPガス業界1977年8月
高圧ガス及び火薬類保安審議会、液化石油ガス消費者保安体制の在り方」答申

LPガス業界1978年7月
日連、LPガス消費設備保安総点検事業がスタート

  • ガス業界に技術革新が。1980年~1999年
PageTop